病院では治らない鼻の病気(蓄膿症)

蓄膿症で、もう何年も病院に通っているが、

その時は少し調子が良くなるのだが

翌日にはまた調子が悪くなる。

 

いつも出される薬は同じで、

抗生剤と消炎剤、点鼻薬。

最近はつまりがひどくなってきたので

先生に聞いてみたところ

「手術してみますか」言われ、相談にみえた。

 

ここで問題なのは、

何年かかてもよくならないことと、

抗生剤を長期連用していること。

そして、最後には

「手術してみませんか」

この言葉、つらくないですか?

 

抗生剤や消炎剤、ステロイドの入ったネブライザー

などは、一時的は対症療法であって、

原因を治すものではありません。

 

蓄膿症は蓄膿体質というものがあって、

そこをきちんと治しておかないと、

何度も手術をされたという方もいらっしゃるように

根治しないと、何度も繰り返してしまいます。

 

ちくのう症の人は、鼻粘膜が腫れたり、

膿が出てたまりやすい体質を持っているのです。

この体質を治さない限り、

蓄膿症は根本的には治りません。

 

当店の漢方薬と、食養生により、

根本から治してみませんか。

 

 

◆2019年12月営業日

             1
 2  3  4  5  6  7  8
 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  29 
30 31  1  2  3  4 5

ピンクはお休みです